クレジットカードを使うとポイントがつきますよね。どのクレジットカードのポイントがお得か比較してみました。

クレジットカードのポイント比較 クレジットカードを使うとポイントがつきますよね。どのクレジットカードのポイントがお得か比較してみました。比較結果を参考に、ぜひとも自分にあったお得なクレジットカードを作ってください

クレジットカードのポイント比較 Home

クレジットカードのポイント比較 > 発行会社/種類別紹介 > ANAカード


一番のお勧めのクレジットカードはANAカード!

カード

ポイント

年会費

利用限度額

発行時間

ブランド


ANAカード

ANA商品券:2.75%
Edy:2%
申込み

初年度無料
(2100円)

10〜50万円

約1週間

ANAカードのポイント

ANAカードの特徴

ANAカードなら、ANAのマイルを効果的にためることができます。ANAカードでは100円で1マイルがもらえます!(OkiDokiポイントがマイルに変更できます。)でも、Edyを使えば更に0.5%が追加されます!つまり、Edyを使って支払いをすれば、それが200円で1マイルがもらえます。そのためにEdyにクレジットカードからチャージしておけば、100円で1マイルがもらえます。つまり、100円で1.5マイルがつくのです。

  • 10万円で1500マイル(ポイント)=1500円のEdyチャージ(換金率は1.5%
  • 10万円で1500マイル(ポイント)=ANA商品券2250円分(換金率は脅威の2.25%
EdyあるいはANA商品金でも良い人にとってはお勧めです!
ちなみに、通常のクレジットカードのポイント換金率は0.5%です。
年会費がかかりますが、たった2100円です。1.5%の換金率として、14万円使えば年会費の元がとれます。年間14万円ですよ!月間ではないですからね。

但し、ANA JCBカードは下にあるJCBカード稼ぎのノウハウを使えばもっと稼げます。スターαで更に0.5%を追加し、mpackで更にポイントを稼げば最強のカードかもしれません。

ANAカードの申込みはこちらから → 申込み

更にお得になりたい人は、もっと工夫ができます。
それは、年会費無料のOMCのJiyudaカードを使うのです。
OMCのJiyu!da!カード
このJiyudaカードですが、なんとクレジットカードの支払いをコンビニで払うことができます。つまり、普段クレジットカードを使う際には、このJiyudaカードを使います。

そして、そのカードの支払いをANA JCBカードのEdyで払い、そのEdyはANA JCBカードでチャージすればよいのです。Jiyudaカードは、200円で1ポイントで、1ポイント1円となります。つまり0.5%の還元があるのです。これで、2%〜2.75%の還元率となります。

ちなみにこれは、Edyがついているカードならどれでも使える裏技です。コンビニ払いができるクレジットカードはどんどん減ってきていますので、いますぐOMCのJiyudaカードを作りましょう!ちなみに、OMCのJiyudaカードは審査がゆるいのでも有名です。

Jiyudaは、リボ払い専用カードですが、月払いを限度額一杯(上限100万円)にしておけば、実質的には普通のカードと同じです。

年会費無料のJiyudaカードの申込みはこちらから → 申込み



とにかくマイルを増やしたい人は、こんな手もあります。
無料でお教えするANAのマイルをどんどんためる驚きのノウハウ!

JCBカードのポイント

JCBカードの特徴

JCBカードは、国内唯一の国際的なクレジットカードで、日本国内では圧倒的な使いやすさとなっています。また、海外でも日本人旅行者の多いところでは使える場合が多いです。

JCBは、東京ディズニーランドの公式スポンサーでもあり、毎年JCBカードご利用の方を抽選で東京ディズニーランドに招待したり、東京ディズニーランドに関連する商品をポイントで交換できたりします。

JCBカードのポイント:OkiDokiポイント

JCBカードを利用した場合にもらえるポイントは、OkiDokiポイントというものになります。JCBカード利用額1000円毎に1 Okidokiポイントがもらえます。

このOkidokiポイントをキャッシュにする場合には、1000 Okidokiポイントで4500円に換金できます。つまり1 Okidokiポイントあたり4.5円ということになります。JCBカード1000円の利用で、4.5円になりますので、換金率は0.45%となります。

JCBのギフト券にかえる場合には、少しだけ換金率があがります。1000 Okidokiポイントで5000円分のギフト券にかえれますので、換金率は0.5%となります。

ANAカードの申込みはこちらから → 申込み



OkiDokiポイントの稼ぎ方

支払いを集めてOkiDokiポイントを増やす

JCBカードの場合、その年間の利用額に応じてOkiDokiポイントのボーナスがつきます。具体的には以下のようにポイントにボーナスがつきます。
  • 50万円〜100万円:スターβ OkiDokiポイント20%Up
  • 100万円以上:スターα OkiDokiポイント50%Up
かなり大きな額かもしれませんが、最近ではスーパーでもコンビニでもクレジットカードが使えますし、電話料金などもクレジットカード払いができます。あらゆる支払いをクレジットカードで支払えばかなりの額になります。また、コンパなど人数が集まったときの支払いを自分から進んでクレジットカードですれば大きなポイントとなります。

アンケートに答えてOkiDokiポイントを増やす

mpackという会社がインターネットでアンケートやモニター調査を実施しています。このアンケートに回答すると予備調査で10ポイント、本調査では100ポイント以上がもらえます。1000mpackポイントを100 OkiDokiポイントに交換することができます。 mpackはこちらから登録できます。  

ANAカードの申込みはこちらから → 申込み




クレジット関連リンク集1, 2, 3, 4, 5

copyright©クレジットカードのポイント比較 All Rights Reserverd.